新型

デリカD5のモデルチェンジ発表!新型の価格や時期は?何が違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで簡単!家で完結♪
今の愛車を忘れずに査定

DMM AUTOはスマホだけで、家にいながら愛車の今の価値がわかります。

最適化されたAIで、市場データを基に査定額を算出します。

それが、今まさにその瞬間のあなたの愛車の相場になるのです。

今ある他のどんな方法よりも、簡単に査定できますよ!

>>まずは早速、愛車の価値を簡単チェック

三菱デリカD5がモデルチェンジを発表し、すでに予約受付を開始しています。

フルモデルチェンジと噂されていましたが、今回はビッグマイナーチェンジにとどまりました。

新型デリカD5はどのような変化を遂げたのでしょうか?従来型のデリカD5との違いはどこにあるのでしょうか?

今回は新型デリカD5について解説していきたいと思います。

新型デリカD5モデルチェンジを発表!ディーゼルエンジンのみ設定

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/exterior/

これまでのデリカD5は販売台数のおおよそ90%がディーゼルエンジンの4WDモデルというでした。

その結果を受け、現時点では新型D5に搭載されるエンジンはディーゼルエンジンのみの設定となっています。

ただ、ガソリンエンジンモデルの従来型デリカD5は継続販売となります。

ディーゼルエンジンモデルは、軽油を燃料として駆動します。近年、ディーゼルエンジン搭載の車は人気が上昇傾向にあり、各メーカーもディーゼルエンジンをラインナップに追加していますね。

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも燃費が良いというメリットがあります。ディーゼルエンジンは、熱エネルギーの変換効率が良いので、ガソリンエンジンと比べて2割〜3割ほど燃費が上です。

また、ディーゼルエンジンは、軽油を燃料にして走行するので、お財布にも優しい。軽油の価格はガソリンよりも1リッターあたり20円〜30円価格が安いですから、ランニングコスト節約が可能となりますね。

他にもディーゼルエンジンは、同クラスのガソリンエンジンよりもトルク性能が高いです。

車のタイヤを回転させる力をトルクと言いますが、この数値により車の加速力が決まります。ディーゼルエンジンはトルク性能が良く、発進や高速道路での合流などでスムーズに加速を可能としています

必要以上にアクセルペダルを踏まずに済むため、ドライバーへの運転ストレスの軽減にも繋がります。

新型デリカD5の価格

新型デリカD5の価格は385~425万円となります。

「高い!」と思った方も多いかもしれませんが、それもそのはず新型デリカD5は大幅改良によって、大きく値上げされています。

旧型のディーゼルモデルのデリカD5の価格が353万円〜375万円でしたから、新型デリカD5はそれに30万円~50万円ほどの上乗せとなっています。

とは言え、新型デリカD5はいくつもの改良点がありるので、それを考慮すれば30万〜50万円の値上げ幅はけっして高い金額ではないのかもしれませんよ。

継続販売される旧型D5のガソリン車の価格は286万円〜373万円。ただし、こちらのモデルはいつまで販売されるか正式なアナウンスは現時点でありません。

新型デリカD5と旧型デリカD5の違いを解説

新型デリカD5と旧型デリカD5にはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

エクステリアの違い

新型デリカD5と旧型デリカD5の一番の違いとも言えるのがエクステリアデザインでしょう。

こちらが旧型デリカD5のエクステリアデザイン。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/grade/grade_01.html

そして、こちらが新型デリカD5のエクステリアデザインです。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/standard/

その違いは一目瞭然。旧型とは比べ物にならないくらい迫力が増していますね。

新型デリカD5には、ダイナミックシールドとマルチLEDヘッドライトを採用。そのデザインは一目で新型デリカD5とわかる特徴的かつ上質なものに仕上がっています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/standard/

リアゲートガーニッシュと連続性を持たせたリアコンビネーションランプ。ワイド感と安定感が一層強まった印象です。

ボディカラーにはエメラルドブラックパール新規追加。歴代のデリカが採用してきているグリーンを継承し、エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック2トーンに仕上げています。

大幅に変更となった新型デリカD5のエクステリアデザイン。高めの車高とリアゲートのデザインは旧型デリカの面影がありますが、その他のエクステリアデザインは全面改良と言え、原型をとどめていないくらい印象が変わりましたね。

フロントフェイスの上部にあるヘッドライトらしきものは実はスモールランプです。メインヘッドライトは下にある縦2列に設置されたLEDヘッドランプとなります。照射位置を下げたのは、対向車が眩しくならないように配慮しているからです。また、マルチビームで優れた配光を実現する機能的なデザインとなっている点も見逃せません。

インテリアの違い

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

インテリアはインストゥルメントパネルのデザインを変更しています。運転しやすくダイナミックな直線基調で構成し、運転しやすい設計を基本としています。

また、サバ杢柄の立体木目を採用したことでミニバンの機能性だけでなく上質さも加わったインテリアに仕上がっています。走行時は車体姿勢が掴みやすいので、ワイド感に貢献するるインストゥルメントパネルです。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

ステッチを施したソフトパッド、削り出しの金属により持つ重厚なイメージに仕上げたセレクトモードダイヤルなど見てよし触って良しの上質さを各所にも盛り込んでいる点も旧型デリカD5と大きな違いです。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

シートの生地には、動きのある幾何学柄を採用。躍動感と力強さが出ていてデリカD5の良さを引き立たていますね。凹凸のラミ付エンボスは丈夫なうえに上質な仕立てとなっており旧型デリカD5よりも高級感あふれるインテリアになっています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

メーカーオプションで本革シートを用意。ダイヤキルティングで、これまでのデリカD5にはない高級感を演出している点も見ものですね。

旧型デリカD5はミニバンとSUVのクロスオーバーらしく、飾り気のないインテリアでしたが、新型ではSUVらしさは残しつつ、よりエレガントな空間になっているのがわかります。

また細かな収納スペースも追加し、使い勝手を向上。遮音材と吸音材の配置を見なおし旧型デリカD5っよりも静粛性がパワーアップしています。

走行性能の違い

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/performance/

新型デリカD5では2.2ℓのクリーンディーゼルエンジン、新開発の8速スポーツモードATを組み合わせています。これによって更にパワフルでなおかつ静か、そして滑らかな走りへと進化しています。

電子制御4WDは、ヨーレイトフィードバック制御を追加し車両の旋回運動を的確に判断してくれるようになりました。ドライバーのハンドル操作により忠実となり正確性が向上しています。

旧型デリカD5よりも最大トルクを5%アップ、8速スポーツモードATによって燃費性能だけでなくと動力性能も向上させることに成功しています。

また、電動パワーステアリングを採用したことで、低速時の操舵力を軽減しています。従来のデリカD5の弱点の一つだった取り回し性を向上させているのがなにげに嬉しいところですね。

JC08モード燃費は旧型デリカD5が13.0km/Lなのに対し、新型デリカD5は13.6km/Lに向上しています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/exterior/

参考までに新型デリカD5と旧型デリカD5のエンジンスペックをご紹介します。

【新型デリカD5】
エンジン種類:直列4気筒ディーゼル
排気量:2.2L
最高出力:107[145]/3500
最大トルク:380[38.8]/2000
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4WD
使用燃料:軽油

【旧型デリカD5】
エンジン種類:直列4気筒ディーゼル
排気量:2.2L
最高出力:109[148]/3500
最大トルク:360[36.7]/1500〜2750
トランスミッション:6速AT
駆動方式:4WD
使用燃料:軽油

新グレード「デリカD5 URBAN GEAR(アーバンギア)」を追加

新型デリカD5では新たに「アーバンギア」グレードを追加している点も従来型と大きな違いです。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/exterior/

エクステリアは専用デザインのメッキグリル、フロントバンパーはワイド感と安定感を出し、ダイナミックな塊感を演出するドアガーニッシュへと変更しています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/exterior/

マフラーの切り欠きを廃止したことリアバンパーは洗練され、リアゲートガーニッシュをクリアにしたことでモダン&クリーンなリヤスタイルへ仕上げています。

予防安全技術の違い

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

旧型デリカD5は予防安全技術で他メーカーのミニバンに遅れを取っていました。実際に予防安全技術の要望はかなり多かったようで、新型デリカD5では予防安全技術「eアシスト」を新規採用しています。

全グレードに標準装備となっている予防安全技術は以下の4つ。

・低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
・車線逸脱警報システム(LDW)
・レーダークルーズコントロールシステム(ACC)
・オートマチックハイビーム(AHB)

そして上位グレードには以下2つの予防安全技術も標準装備となります。

・誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)
・後側方車両検知警報システム(BSW/LCA)

旧型デリカD5には装備されていなかった予防安全技術が装備され、安全性能でライバル車と肩を並べることができるようになったというわけですね。

新型デリカD5の発売時期は?

新型デリカD5の販売時期は、当初は2018年11月1日から予約開始で12月20日に発売されると言われていました。

しかし、諸事情により予約受付は2018年11月21日から開始となり、発売時期は2019年2月を予定しているとのこと。

この様子だと、デリカD5のフルモデルチェンジは2021年以降になるのが濃厚かなと思います。

新型デリカD5まとめ

以上、新型デリカD5の情報についてでした。

旧型からの大きな変更点は誰もが目につくエクステリアデザインから始まり、インテリアの機能性と質感の向上、よりパワフルになった走行性能と低燃費、そしてかねてから要望のあった先進安全装備の搭載。

フルモデルチェンジと言ってもいいくらい、新型デリカD5はパワーアップしましたね。

エクステリアデザインは好みがハッキリとわかれそうですが、今までにない迫力さが出ていて良いのではないでしょうか。

ぜひ、点灯で新型デリカD5の実車を確認し試乗してみてくださいね。

新型デリカD5が本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「新型デリカD5が予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、新型デリカD5を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

スマホで完結♪DMM AUTOで買取査定!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで今の愛車を査定すればよっぽど高く買い取ってくれるという事が、最速3分でわかるのです。

わざわざ指定された店に査定をしてもらいに行ったりする手間も無く、写真を撮って車の情報を入力するだけで、愛車の今この瞬間の価値がわかります。

どこよりも簡単な方法で、愛車の相場をまずは調べてみましょう!

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加