Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keitrend/kkdelicad5.work/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
新型

デリカD5新型の安全性能はどう?モデルチェンジで進化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


カルロス・ゴーン会長の逮捕により、日産と三菱のイメージダウンが心配される中、デリカD5のマイナーチェンジが発表された。

現行デリカD5の発売から約12年を経過した今、デリカD5はどのような進化を遂げたのか。

今回発表されたデリカD5は現行デリカD5の発売から約12年を経過するが、車両型式の変更を受けていない為、フルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジとなる。

注目すべきはやはり予防安全装備「e-Assist」の搭載である。

「e-Assist」とは三菱自動車独自の電波レーダーやカメラなどを通して、安全で快適なドライブをサポートする、数々の予防安全技術の総称だ。

今回は2019年2月に発売予定の新型デリカD5のモデルチェンジに迫り、新たに搭載されたデリカD5の「e-Assist」の安全性能について7つのポイントに分けて紹介する。

 

 

衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)

FCM=Forward Collision Mitigation system

引用:https://www.as-web.jp/car/432775/attachment/d5_exterior_img_11

レーザーレーダーとカメラ、電波式レーダーを用いて幅広い速度域に対応する。

前方車両や歩行者と衝突する危険性があると判断した時に自動ブレーキを作動させる。

前車との速度差や距離を測り、接近を検知し衝突の可能性ありと判断すると、音と表示で警告し、衝突の可能性が高まると自動ブレーキを作動させて衝突回避または被害を軽減する事が可能となった。

 

自動ブレーキは衝突の可能性が高まるにつれて、弱いブレーキでドライバーに危険を知らせてブレーキ操作を促し、衝突の可能性が非常に高いときは強い自動ブレーキで衝突回避を目指す。

衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が5~180km/h、歩行者に対しては自車の速度が5~65km/hのときに作動する。

停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除される。

停止を続ける場合は、ブレーキペダルを踏む必要がある。

ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があるので注意が必要だ。

レーダークルーズコントロールシステム(ACC)

ACC=Adaptive Cruise Control

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

 

前車との速度差や距離を測り、ドライバーが3段階の中から設定した車間距離を維持して前車が停止するまで追従することが可能となった。

アクセルを踏まなくても時速40~100km/hの範囲でドライバーが設定した車速を維持し、前車との車間距離を維持しつつ、前車の減速や停止に追従する。

4段階から任意に設定した車間距離を保ちながら、任意に設定した速度を上限に走行する。

 

先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバーによるアクセル操作またはスイッチ操作により発進し、追従走行を再開。

追従機能は、30km/h未満で走行中でも作動し、先行車がいなくなった場合、設定速度まで加速可能となる。

後退時車両検知警報システム(RCTA)

RCTA=Rear Cross Traffic Alert

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

 

リヤバンパー内に取り付けられた電波式により、死角になりやすい斜め後方の車両を検知。

駐車場などで後退して出庫する際に接近車両を検知すると、ドアミラーインジケーター点滅とブザー音、メーター内の警告メッセージ表示で注意を促す。

前方の障害物が4m以内にあることを検知している状況で、ブレーキとアクセルの踏み間違いでアクセルを強く踏み込んだ場合、警報を発し、同時にエンジン出力を抑制し急加速を防ぎ、衝突被害を軽減する。
停止中または時速10km/h以下で作動することが可能となる。
Rレンジをセレクトし、車速0~約18km/h、接近車両の速度約7km/h以上で作動する。
この機能により、見落としてしまいがちなドライバーの後方確認をサポートし、うっかり事故を低減する。

車線逸脱警報システム(LDW)

LDW=Lane Departure Warning

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

車線逸脱防止支援システムは、自動車が走行中に車線を逸脱することを防ぐ機能だ。

デリカD5のフロントガラス上方に装着したカメラにより、前方の車線位置を監視。

車線を外れそうになると警報でドライバーに注意を促し、高速走行中に車線をはみ出しそうになると音や表示で警報を発する。

 

一例としてウインカーを操作せずに車線をはみ出しそうな場合のようにドライバーの意思と違う動きをして車線をはみ出しそうな場合に作動する。
車速60km/h 以上で作動する。

ターンレバーをONからOFFにした後、約7秒間はLDWの作動が出来ない為注意が必要だ。

また、狭い車線幅では、LDWの作動は一時停止となる。

 

マルチアラウンドモニター

画像引用 https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

 

この機能は車両前後と片側サイドのカメラで、周囲の安全確認が出来る上、車両前後左右4つのカメラで、死角になりがちな周囲の安全確認をサポートする。

さらにクルマを真上から見下ろしているような視点の映像を映し出すバードアイビュー機能も搭載している為、駐車時などに便利な機能だ。

カメラ映像は、ディーラーオプションのDELICA D5 オリジナル10.1型ナビゲーション装着車の場合、ナビ画面またはルームミラー内の画面に表示される。

非装着の場合は、ルームミラーの画面に表示。

 

マルチアラウンドモニターは、あくまでドライバーの運転操作や視界を補う機構の為、最終的な安全の確認や周囲の状況確認は、必ずドライバー本人が行いながら十分に注意して運転する必要がある。
[標準装備]

DELICA D:5 P

 

[メーカーオプション]

DELICA D:5 G-Power Package

DELICA D:5 URBAN GEAR G-Power Package

 

オートマチックハイビーム(AHB)

AHB=Automatic High Beam

引用::https://www.as-web.jp/car/432775/attachment/d5_exterior_img_11

 

周囲の明るさや対向車を検知し、状況に合わせて、自動的にハイビームとロービームを切り替えることにより、遠方視認性を高めるとともに、切り替え忘れや手動操作の煩わしさを軽減する。

夜間走行時、ハイビームとロービームを自動で切り替えする。

夜間など暗い道をロービームで走行中、単眼カメラで前方の状況を検知する。

街灯などがなくて暗い場合、見やすいように自動でハイビームになる。

前走車や対向車を検知すると、ロービームに切り替わる。

道路状況および天候状態などによっては、作動しない場合がある。

 

後方車両検知警報システム(BSW/LCA)

BSW=Blind Spot Warning/LCA=Lane Change Assist

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

リヤバンパー内に取り付けられた電波式レーダーによりドライバーの死角になりやすい斜め後方・隣レーン後方からの接近車両を検知し、ドアミラーインジケーターの点灯で存在を告知する。

その状態で車両のいる方向にウインカーを出すとブザー音とドアミラーインジケーターの点滅でより強く注意を促すことが可能となった。

 

前進時、車速10km/h以上で作動する。

BSW/LCAは、あくまでもドライバーの運転操作や視界を補助するためのシステムの為、車線変更をする際には、非装着車と同様に、必ずドライバー自身が周囲の安全確認や状況確認を行う必要がある。

[標準装備]

DELICA D:5 P

[メーカーオプション]

DELICA D:5 G-Power Package

DELICA D:5 URBAN GEAR G-Power Package

まとめ

画像引用 https://cobby.jp/delicad5-modelchange.html

 

これまで新たにデリカD5に搭載される三菱の予防安全技術e-Assistの紹介をしてきた。
事故の危険をいち早く察知して被害を予防、回避、軽減してくれる、先進の予防安全技術「e-Assist」だが、交通状況や天候、および道路状況によっては正しく作動しないこともある。
予防安全技術を十分に理解して、うまく使うことで、快適で安全なドライブが可能となる。
万一の時にドライバーのミスをカバーすることを目標としているがメーカーもあくまでもアシスト機能であり、システムを過信した運転をせず、安全運転を心がけるよう呼びかけている。
新型デリカD5は2018年度内の発売を予定しており、19年1月に開かれる展示会に参考出展される予定だ。
現在販売されている現行デリカD5は2,408,400円~4,298,400円の価格帯となっているが、新型デリカD5(D6)は安全運転支援システムのe-Assistを標準装備することから、30万円ほど価格が上昇し、希望小売価格は385万~425万円を予定している。
モデルチェンジを経て更なる進化を遂げ、安全性能も格段に向上した新型デリカD5に今後も注目が集まる。

新型デリカD5が本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「新型デリカD5が予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、新型デリカD5を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加