比較

三菱デリカD5新型vs日産セレナ徹底比較!どっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで簡単!家で完結♪
今の愛車を忘れずに査定

DMM AUTOはスマホだけで、家にいながら愛車の今の価値がわかります。

最適化されたAIで、市場データを基に査定額を算出します。

それが、今まさにその瞬間のあなたの愛車の相場になるのです。

今ある他のどんな方法よりも、簡単に査定できますよ!

>>まずは早速、愛車の価値を簡単チェック

新型デリカD5と新型セレナはどっちがいいのでしょうか?

今回はこの2車種を比較していきたいと思います。

新型デリカVS新型セレナのエクステリア

まずはエクステリアを比較してみたいと思います。

エクステリアデザイン比較

エクステリアのデザインを見比べてみましょう。

【新型デリカD5】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

新型デリカD5のエクステリアは、とにかく派手という言葉が似合いますね。

マイナーチェンジでかなり思い切ったフロントフェイスに変わりました。ワイドかつ重厚感あふれるフロントフェイスは、インパクトが強いですよね。

デリカD5がもつ力強さを更に引き立ててくれるデザインで、高級感がありながらもアクティブさも感じられます。

新型デリカD5の見た目は、かなりインパクトが強いので好みがハッキリと分かれそうです。男ウケが良さそうですが、反対に女性にはあまりウケは良くない気がしますね。

【新型セレナ】

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

新型セレナは良くも悪くもミニバンらしいデザインです。デリカD5ほどインパクトはありませんが、スタイリッシュで飽きのこないデザインですよね。

特徴的なのは日産デザインの象徴とも言えるVモーション。フロントグリルに統一されていて、フロントフェイスには一体感があります。

新型デリカD5は男ウケが良いのに対し、セレナは女性からの支持が高そうな安心感のあるエクステリアになっている気がしますね。

エクステリアサイズ比較

エクステリアのサイズ比較です。

【新型デリカD5】
全長:4,800mm
全幅:1,795mm
全高:1,875mm
最小回転半径:5.6m

【新型セレナ】
全長:4,685~4,790mm
全幅:1,695~1,735mm
全高:1,865~1,875mm
最小回転半径:5.5-5.7

新型デリカD5と新型セレナのエクステリアサイズを比較すると全幅に大きな差が出ているのがわかりますね。セレナはグレードによってサイズが異なり、最大で100mmも差があります。

新型デリカD5のほうが横幅があるということで、その分車幅感覚には注意しないといけないですね

新型デリカVS新型セレナのインテリア比較

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

ここではインテリアの比較をしていきたいと思います。

インテリアサイズ比較

まずはインテリアのサイズを比較してみましょう。

【新型デリカD5】
室内長:2,915mm
室内幅:1,505mm
室内高:1,310

【新型セレナ】
室内長:3,060mm
室内幅:1,480mm
室内高:1,380mm

新型デリカD5は全長こそセレナよりも長いですが、室内長ではセレナのほうが勝っています。また意外にも室内高はセレナのほうが上で、70mmも差がありますね。

新型デリカD5はステップ高が高い分室内高が低くなっています

ただ、全体的に大きな差はなく、どちらもファミリカーとして使用するのに最適なサイズですね。

シートアレンジ比較

次にインテリア・室内の使い勝手、すなわちシートアレンジについて比較していきましょう。

【新型デリカD5】

新型デリカD5の後部座席は、前後にスライド調整でき、リクライニングも備わっています。

7人乗りはキャプテンシートを採用し、3列目にはウォークスルーで行くことができ便利です。

後部座席はチップアップでき、荷物を乗せるときの使い勝手も良好。2列目シートを前へスライドさせればラゲッジスペースを拡大させることもできます。

デリカD5は3列目シートもスライド調整可能。格納方法は左右に跳ね上げるタイプとなっています。

前後スライドが可能なので、格納しなくても十分なラゲッジスペースを作ることができます。

また、格納方法は手動となるので女性にはちょっと大変かもしれませんね。

新型デリカD5は日常シーンからアウトドア、さらには車中泊でも便利にシートアレンジができます。

運転席と助手席を後ろに倒せばちょっと休憩するのに便利なリラックスモード。

後部座席すべて倒せばベッドにすることもできます。デリカD5のサイズなら車中泊もできますね。

後部座席の片側だけシートアレンジすれば、後部座席に乗車していても長尺物を積むこともできます。これは便利ですよね。

7人乗りはキャプテンシートなので、2列目シートのスペースを有効活用して長尺物を乗せることもできますよ。

【新型セレナ】

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

新型セレナもシートアレンジの利便性は高いミニバンです。

特に便利なのが「スマートマルチセンターシート」ですね。通常時は2列目シートの間に備えることで、2列目シートに3人乗車が可能です。

2列目シートをキャプテンシートとして使いたい場合は、スマートマルチセンターシートを運転席までスライドさせるだけ。

家族の楽しみ方に合わせてシートアレンジは自由自在。これがあれば、7人乗りにも8人乗りにも対応できるのです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

後部座席はリクライニング機能が備わっているのでフルフラットにして休憩するといったことも可能。

シートはフルフラットなので車中泊するときも役立ちますね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

また新型セレナは室内高が高いので、その高さを利用して大きな荷物を積むこともできます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

新型デリカD5同様に2列目シートにスペースを作ることができるので、2列目に乗車した状態で長尺物を乗せることも可能です。

新型デリカVS新型セレナの燃費比較

新型デリカと新型セレナの燃費についても比較してみましょう。

新型デリカD5の燃費は13.6km/Lです。先代モデルが13.0km/Lなので、マイナーチェンジ後は0.6km/Lほど燃費向上しています。

一方、新型セレナの燃費は15.0~17.2km/Lです。グレードによって燃費に差がありますが、一番燃費が低いグレードでも新型デリカDに勝っています。

新型デリカVS新型セレナの安全性

最後に安全性について比較してみましょう。

新型デリカD5の安全装備

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

新型デリカD5では、安全装備「e-Assist」が用意されています。

e-Assistで使用できる機能は以下のとおり。

・歩行者対応衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
・低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
・車線逸脱警報システム(LDW)
・レーダークルーズコントロールシステム(ACC)
・誤発進抑制機能
・誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)
・後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)(BSW/LCA)
・後退時車両検知警報システム(RCTA)
・オートマチックハイビーム(AHB)

これらの安全装備が新型デリカD5では全車標準装備となります。内容的には十分満足できますね。これまでのデリカD5では先進安全装備が付いていませんでしたから、マイナーチェンジによって安全装備が備わったのはユーザーにとって大きなメリットと言えるでしょう。

新型セレナの安全装備

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

新型セレナ安全装備は以下のとおり。

・プロパイロット機能
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・インテリジェントパーキングアシスト(駐車支援システム)
・インテリジェントLI
・インテリジェントDA
・踏み間違い衝突防止アシスト
・標識認識機能
・車両接近通報装置
・ハイビームアシスト

新型セレナでは以上のような安全装備を備えることができます。十分に満足できる安全装備を備えていますね。

しかし、残念なことにほとんどの安全装備はメーカーオプションになっています。

まとめ

以上、新型デリカD5と新型セレナの比較についてでした。

デリカD5はド派手なエクステリア、逞しい剛性ボディ、クリーンディーゼルエンジンによる強力なエンジン性能、そして高い走破性が魅力です。

一方、新型セレナはシャープで飽きのこないエクステリア、使い勝手の良いシートアレンジと行き届いた室内空間、高い燃費性能が魅力です。

どちらも同じミニバンですが、タイプが異なるので好みはハッキリと分かれるかと思います。

アクティブに使いたいなら新型デリカD5、ファミリー向けなら新型セレナといったところでしょうか。

新型デリカD5が本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「新型デリカD5が予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、新型デリカD5を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

スマホで完結♪DMM AUTOで買取査定!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで今の愛車を査定すればよっぽど高く買い取ってくれるという事が、最速3分でわかるのです。

わざわざ指定された店に査定をしてもらいに行ったりする手間も無く、写真を撮って車の情報を入力するだけで、愛車の今この瞬間の価値がわかります。

どこよりも簡単な方法で、愛車の相場をまずは調べてみましょう!

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加