比較

三菱車対決!新型デリカD5vsパジェロ徹底比較!どっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで簡単!家で完結♪
今の愛車を忘れずに査定

DMM AUTOはスマホだけで、家にいながら愛車の今の価値がわかります。

最適化されたAIで、市場データを基に査定額を算出します。

それが、今まさにその瞬間のあなたの愛車の相場になるのです。

今ある他のどんな方法よりも、簡単に査定できますよ!

>>まずは早速、愛車の価値を簡単チェック

ビッグマイナーチェンジが発表されたばかりの”新型デリカD5”と同じく三菱車である”パジェロ”。

頼もしい走りが期待できるこれら2車種を徹底比較します!

 

エクステリア・インテリア対決!

まずは外観からチェックしてみましょう!

エクステリアの比較

新型デリカD5(クリーンディーゼル車)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

上段がスタンダードグレード、下段がアーバンギアグレードの外観です。

先代(と言っても現行モデルですが…)よりも大胆なデザインのフロントフェイスになりました。

フロントバンパーの下部に設けられたダクトのような形状は、現行モデルのフロントグリルの面影がありますね。

フロントビューはガラリと印象が変わりましたが、リアを見ると「やっぱりデリカなんだな」という安心感を感じます。

スタンダードモデルが”ミニバン×SUV”という従来からの特色を継承したエクステリアとなっている一方、アーバンギアのデザインは少し大人しめのエクステリアで、SUV色がカモフラージュされてミニバン色が強く出ていますね。

全体的に見渡すと何となく”トヨタ・ヴォクシー”に似ているようにも思いますが、上位グレードのデザインとしては綺麗に纏まっているのではないでしょうか。

 

パジェロ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/safety/

こちらは言うまでもなく「ザ・SUV」という見た目ですね。

現行の4代目パジェロは2006年から販売が続いていますので「そろそろモデルチェンジか?」との噂もありますが、SUV車市場の中でも本格派なので根強い人気を誇っています。

パジェロには5ドア7人乗りの”ロングボディ”と3ドア5人乗りの”ショートボディ”の2タイプの展開がありますが、デリカD5と比較するのであれば”ロングボディ”の方になるかと思いますので、実際のサイズを比較してみましょう。

 

ボディサイズ比較

パジェロはスペアタイヤガーニッシュを含む全長のため、実際のボディの長さは新型デリカD5の方が若干長いと思います。

全幅は圧倒的にパジェロの方が広く、ドアミラーを展開した状態では1985mmにもなるようですね。

全高はほぼ一緒ですので、これらの車両を並べて前後から見るとパジェロの方がワイドボディというだけで、横から見た時の大きさはそれほど変わらないでしょう。

 

インテリアの比較

新型デリカD5

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/delica_d5/special-5003301/photo/0084.html

こちらは”スタンダード”のインテリア。

アイボリーにも見えるホワイト系のシートと明るめのブラウンウッド調パネルが落ち着いた雰囲気を演出しています。

 

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/delica_d5/special-5003301/photo/0098.html

こちらは”アーバンギア”のインテリアです。

スタンダートとは対照的なブラックを基調としたシックで洗練されたイメージですね。

コクピットの開放感も十分ですし、ボタン類も操作しやすく配置されているように思います。

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/delica_d5/special-5003301/photo/0110.html

ステアリング周りのパドルシフトや、さりげなくあしらわれているカーボン柄メーターインナーが走る意欲を掻き立ててくれそうです。

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/delica_d5/special-5003301/photo/0150.html

シートにはキルト状デザインが採用されていますので、デリカD5のインテリアは「スポーツ・ラグジュアリー」と表現するのがピッタリかもしれませんね。

 

パジェロ

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/pajero/newmodel-77499/photo/0006.html

さすがに2006年から販売が続いている車を最新の車と比較するのは難しいですが、SUVらしく”走る”ということだけを考えると、筆者としてはこちらの方が好みだったりします。

最近のミニバンによく見られる「サイドブレーキレバーはどこ?」「そんなところにシフトレバー?」「ナビ大きすぎない?」ということのない飾り気のないコクピットの方が走りに集中出来るんですよね。

「技術に頼るな!車はドライバーの腕次第!」という玄人的な方には大変好まれるデザインだと思います。

「古い」と言っているのではなく、必要にして十分な機能がバランスよく配置されているように感じるわけです。

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/pajero/newmodel-77499/photo/0029.html

220km/h表示のオーバースペック感溢れる(笑)スピードメーターと8000rpmまで刻まれたタコメーターは、「スポーティー」としか言いようのない造りですね。

実際のところ、パジェロのクリーンディーゼル車に搭載される”4M41”エンジンは最大出力が190ps、最大トルクは45.0kgf・m/2000なので、パワフルさを考えるのであればこちらの方に軍配が上がるでしょう。

しかし新型デリカD5には8速A/Tかつパドルシフトが装備されるという魅力もあるので、迷うポイントではありますね。

 

安全性が高いのはどっち?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

”SUV”というのはどんな走行シーンにおいても安定した走りができ、なおかつ安全であることが求められると思います。

最近ではハイブリッド車の開発によって燃費におけるスペック競争が激しくなっており、どうしてもそちらの方ばかりクローズアップされがちですが、やはり車は”安全であること”がいちばん重要な要素

時代を重ねるごとに安全性能は進化していますので、デザインと同様に新旧の車でスペックを比べてしまえば当然「新しい方が優秀」と言えますので、それを前提に読み進めていただきたいと思います。

 

新型デリカD5の安全性能

デリカD5には、新型らしく最新の三菱が持つ安全技術がてんこ盛りですので、代表的な装備をいくつかピックアップします。

・衝突被害軽減ブレーキシステム

・マルチアラウンドモニター

・車線逸脱警報システム

・レーダークルーズコントロールシステム

・後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)

・オートマチックハイビーム

・後退時車両検知警報システム

説明せずとも、何となく機能が予測できるものばかりですね。

これらのシステムは、最近の車では当たり前のように装備されるようになってきました。

ただ一つだけ筆者が「特筆すべき」と考えたのは、車両構造に”リブボーンフレーム”を採用している点です。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/performance/

その名の通り、肋骨を思わせる環状骨格構造に加え、アンダーボディには大型のクロスメンバーを採用しています。

ボディ全体の高剛性化により、高速走行時やラフロードでの操縦安定性を高めるだけでなく衝突安全性能まで高まるというもの。

この車体フレームの高剛性化による衝突安全性能の向上は、パジェロでは一味違った技術が採用されていましたのでご紹介しましょう。

 

パジェロの安全性能

パジェロでは、車両フレームに「衝突安全強化ボディ”RISE”」が採用されています。

RISE(ライズ)とはモノコックボディによる高エネルギー吸収構造で衝突時の衝撃を和らげ、高耐力キャビン構造で乗員のための空間を確保するもので、高張力鋼板の多用と溶接点数の増加などによって、軽量化と高剛性化を両立しています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/safety/

最新の車両のように電子制御による安全性能はさほど期待できないものの、二段階で衝撃を吸収するデュアルステージSRSフロントエアバッグやサイド&カーテンエアバッグなどの基本的な乗員保護装備はしっかりと搭載しています。

安全装備の数ではデリカD5には敵いませんが、メインで走行するステージがオフロード寄りの設計になっているはずですので、比較的高いスピードレンジからの衝突でもしっかりと身を守ってくれる装備にはなっているかと思いますよ。

 

燃費がいいのはどっち?

JC08モード燃費による比較

条件をそろえるため、4WD車のみで比較しています。

予想通りの結果と言えますが、圧倒的に新型デリカD5の方が優秀な燃費です。

デリカD5のクリーンディーゼルエンジンは、マイナーチェンジ前後で0.6km/l の燃費差があります。

車重やトランスミッションの違いなどがあることを考慮したとしても、やはり新旧エンジンで燃費が異なるのは当然のことです。

パジェロはクリーンディーゼルでも10km/lですので、実燃費が2ケタに届くことは難しいと思います。

しかしパジェロには固定ファンもたくさんいるかと思いますので、この辺は目を瞑らなければならないポイントなのかもしれませんね。

 

以上、新型デリカD5とパジェロを比較しましたが、やはり”時代の差”が顕著に出ているかと思います。

棲み分けも少し異なる車だと思いますので、両車ともメリットになる部分は多々あります。

もし購入する車種を迷われているのでしたら、これらの車の特徴をしっかりと理解したうえで選択してくださいね。

新型デリカD5が本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「新型デリカD5が予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、新型デリカD5を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

スマホで完結♪DMM AUTOで買取査定!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで今の愛車を査定すればよっぽど高く買い取ってくれるという事が、最速3分でわかるのです。

わざわざ指定された店に査定をしてもらいに行ったりする手間も無く、写真を撮って車の情報を入力するだけで、愛車の今この瞬間の価値がわかります。

どこよりも簡単な方法で、愛車の相場をまずは調べてみましょう!

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加