比較

三菱デリカD5新型vsトヨタヴォクシー徹底比較!どっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで簡単!家で完結♪
今の愛車を忘れずに査定

DMM AUTOはスマホだけで、家にいながら愛車の今の価値がわかります。

最適化されたAIで、市場データを基に査定額を算出します。

それが、今まさにその瞬間のあなたの愛車の相場になるのです。

今ある他のどんな方法よりも、簡単に査定できますよ!

>>まずは早速、愛車の価値を簡単チェック

新型デリカD5とトヨタヴォクシーどっちが良いのでしょうか?

今回は三菱の新型デリカD5とトヨタヴォクシーを比較したいと思います。

新型デリカD5とトヨタヴォクシーのエクステリア比較

まずはエクステリア対決です。

【新型デリカD5】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

新型デリカD5のボディサイズは次の通り。

全長:4800mm
全幅:1795mm
全高:1875mm
ホイールベース:2850mm
最小回転半径:5.6m
車両重量:1950mm

見た目通り、新型デリカD5はボディサイズが大きめですね。全長はトヨタヴォクシーよりも90mmほど長く、全幅は60mmほど広いです。全高は50mm高い造りとなっています。

全体的に新型デリカD5のほうが大きく、それに加えてインパクトのあるフロントフェイスは圧巻ですね。いい意味でオフロード仕様のミニバンっぽくないデザインで、逆に新鮮味を感じます。

発売前からデザインに関する意見は多くあがっていますが、今までのデリカD5とは一線を促すその見た目は三菱がデリカD5にかける思いを感じ取れると言えるでしょう。

【トヨタヴォクシー】

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

全長:4710mm
全幅:1735mm
全高:1825mm
ホイールベース:2850mm
最小回転半径:5.5m
車両重量:1630mm

トヨタヴォクシーは新型デリカD5に比べて一回りほど小さいですね。

エクステリアデザインはトヨタのミニバン3兄弟の中でもっともクールで、Mクラスではトップの人気を誇っています。アルファードやヴェルファイアほど癖がなく、かといって地味すぎないエクステリアデザインはカッコいいファミリカーの代表的存在ですね。

新型デリカD5とトヨタヴォクシーのインテリア比較

続いてインテリアを比較してみたいと思います。

【新型デリカD5】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

新型デリカD5は良好な視界が特徴です。箱型のフォルムは、前後左右が見やすくなっているのでボディサイズが大きくても取り回し性能に優れているのでドライバーは安心して運転できます。

旧型デリカD5と比べて、高級感が増している点もポイント。ブラックを基調としたインテリアの中にも木目調パネルを取り入れ、今までにない質感でデリカD5とは思えないできですね。

2列目シートは床と座面の距離が短めの作りとなっているのが残念ですが、運転席と助手席それぞれのシート下に足元を入れることができるので、姿勢が窮屈になることはありません。

ボックするシルエットを活かし、3列目シートも快適な広さを実現。座面も大きいので大柄な人が座っても不満はないできです。

新型デリカD5は最低地上高が高いのがネック。小さいお子さんやお年寄りが乗り降りするのは大変かもしれません。3列目の頭上空間は狭い作りなので、乗降性はトヨタヴォクシーのほうが上でしょうね

【トヨタヴォクシー】

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space01#

トヨタヴォクシーのインテリアはつくりこまれた扱いやすさが特徴です。運転席と助手席ともに前後方向に余裕たっぷりで、長時間ドライブでも満足できる広さと快適性。

Aピラーがやや太いのが気になりますが、それでも視界は新型デリカD5に負けていません。

7人乗りの2列目シートはキャプテンシートを採用。8人乗りはベンチシートです。いずれもスライド量が多いので、余裕を持って座ることができ居住性の高さが伺えます

3列目シートはリクライニング機能が備わっており、頭上も膝周りもスペースに余裕を持って座ることができます。

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space01#

ライバル車を徹底的に研究しているだけあって、インテリアの使い勝手はトヨタヴォクシーのほうが上かなと言う印象を受けました。

また、トヨタヴォクシーは乗降性が高いのもポイント。ステップ高は345mmとデリカD5よりも125mmも低い作りとなっており、小さいお子さんでも乗り降りしやすく、3列目へのアクセスも良好です。

新型デリカD5とトヨタヴォクシーの安全性比較

新車購入では安全装備の有無を重要視する方が増えていますね。やはり新型デリカD5とトヨタヴォクシーでも安全装備は気になるところです。

【新型デリカD5】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

新型デリカD5では予防安全装備「e-Assist」が搭載されました。「衝突被害軽減ブレーキシステム」「車線逸脱警報」「レーダークルーズコントロール」「オートマチックハイビーム」と、基本的な安全装備は備わっており、やっとライバル車と肩を並べる位置に来ました。

自動ブレーキは(衝突被害軽減ブレーキ)は車両と歩行者が対象となっており、作動条件は対車両が自社速度5~80km/L(対車両)、対歩行者が5~65km/Lとなっています。

新型デリカD5の自動ブレーキは、低速走行時でも作動してくれるのがポイントですね。

【トヨタヴォクシー】

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/?padid=ag341_from_voxy_navi_safety

トヨタヴォクシーの主な安全装備は「トヨタセーフティセンス」「先行車発進告知機能」「ドライブスタートコントロール」「S-VSC」「車両接近通報装置」です。

トヨタセーフティセンスの内容は、プリクラッシュセーフティ・レーンディパーチャーアラート・オートマチックハイビームとなっております。

プリクラッシュセーフティは自動ブレーキのことで、これまで検知対象外だった夜間歩行者と自転車運転者も追加されており、機能が向上しています

自動ブレーキは自車速度約10km/h〜80km/hで作動します。

新型デリカD5とトヨタヴォクシーの燃費比較

【新型デリカD5】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

JC08モード:13.6km/L

新型デリカD5は、8速ATを採用し旧型デリカD5よりも燃費性能は向上しています。とは言え+0.6km/Lほど大幅アップとはいきません。

またクリーンディーゼルエンジンを搭載していながらも燃費は13.6km/Lと、ガソリン車と比べても決して高いわけではないのが残念。

やはり、車両重量が重いことも影響していると言えるでしょう。搭載エンジンは型式こそ同じでも、中身は全く別物となっていますば燃費はもう少し頑張って欲しいですね。

最大トルクが向上しており走行性能もアップしていますが、燃費で足を引っ張っている感は否めません。

【トヨタヴォクシー】

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/?padid=ag341_from_voxy_navi_performance

JC08モード:23.8km/L

トヨタヴォクシーはハイブリッドモデルの燃費が23.8km/Lとなっています。

さすがにハイブリッドエンジン搭載だと燃費は良いですね。

ライバル車の中で群をぬいて燃費性能が高いわけではないですが、Mクラスミニバンでこの燃費なら文句無しですね。

ただし、動力性能は新型デリカD5に劣りますので、走りを取るか燃費を取るかで選択肢は変わってくるかなと思いますね。

燃費対決は、トヨタヴォクシーの勝ちです。新型デリカD5の燃費は旧型よりも良くなっていますが、もう少し頑張って欲しいところ。

新型デリカD5とトヨタヴォクシーの比較まとめ

以上、新型デリカD5とトヨタヴォクシーの比較でした。

新型デリカD5はミニバンでありながらも本格SUV並の機動力の高さが魅力で、これは他のミニバンでは決して真似できないデリカD5だけの特権です。

実際にデリカD5からデリカD5へ乗り換えるユーザーは多く、独特の走り味は一度手に入れると手放せないようです。なので、ミニバンではなかなか味わえない高い機動力、走行性能を味わいたいなら新型デリカD5が良いのではないかと思いますね。

トータルバランスはトヨタヴォクシーのほうが良く、ファミリカーとしての使い勝手は申し分ないです。

無難に選ぶならトヨタヴォクシーが良いでしょうし、癖になる走りを体感したいなら三菱新型デリカD5でしょうね。

新型デリカD5が本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「新型デリカD5が予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、新型デリカD5を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

スマホで完結♪DMM AUTOで買取査定!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで今の愛車を査定すればよっぽど高く買い取ってくれるという事が、最速3分でわかるのです。

わざわざ指定された店に査定をしてもらいに行ったりする手間も無く、写真を撮って車の情報を入力するだけで、愛車の今この瞬間の価値がわかります。

どこよりも簡単な方法で、愛車の相場をまずは調べてみましょう!

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加