Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keitrend/kkdelicad5.work/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
カスタム

デリカD5新型のカスタム!改造パーツやマフラー、エアロパーツも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


新型デリカD5にはどんなカスタムパーツがあるのでしょうか?

今回は新型デリカD5のカスタムについて解説していきます。

新型デリカD5は純正オプションでもかっこよくカスタムできる

車をカスタムするとなると、社外品のエアロパーツやマフラー、アルミホイールを使う方が多いかと思います。

純正品のカスタムパーツもカッコいいですが、使い勝手や実用性も考慮するので、どこか保守的なデザインにまとまってしまい、いまいちカスタムした感じが出ない、カッコよく見えないということが多々あります。

しかし、新型デリカD5の純正オプションは決してそんな事はありません。純正オプションでも十分カッコよくカスタムできます

いち早くカスタムしたい人は純正オプションパーツでカスタムするのもアリですよ。

【エクステリアパッケージA】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

フロントアンダーガーニッシュ。

フロントバンパーに力強さと高級感を与え存在感は放ってくれるメッキ調のガーニッシュ。

ワイルドな印象が強い新型デリカD5にピッタリなパーツです。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

リアアンダーガーニッシュ。

新型デリカD5の持つSUVらしさをうまく引き立たせてくれるリアアンダーガーニッシュです。

力強くもスタイリッシュさも兼ね備えたカッコよさがありますね。

【エクステリアパッケージB】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

マッドフラップ(レッド/ブラック)

新型デリカD5と言えばオフロードが似合うミニバン。マッドフラップがあれば石や泥はねもへっちゃら。

実用性重視のパーツですが、さりげなく「DELICAD:5」ロゴが入っているからドレスアップ効果も期待できます。カラーはレッドとブラックの2色を用意。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

サイドステップ

新型デリカD5はオフロード走破性が高いため最低地上高が高く小さいお子さんやお年寄りでは乗り降りしづらいという欠点があります。

しかし、こちらのサイドステップを装着すれば乗降時をしっかりサポート。

ステンレスプレートとアルミ製プレートなので、新型デリカD5らしいタフさも演出できるのが憎い。

【エクステリアパッケージC】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

エンジンフードエンブレム

デリカをアピールする厚みのあるハイボスカル製のステッカー。フロントビューをさらに印象的なデザインにしてくれますよ。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

テールゲートスポイラー

スポーティーカスタムの定番とも言えるテールゲートスポイラーを新型デリカD5にも。リアビューを印象的にカスタムしたいなら欠かせませんよ。

【インテリアカスタム】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

フロアマット

通常のフロアマットは2層構造ですが、こちらは新型デリカD5専用に開発されたもので吸音と遮音せに優れた特殊3層構造のフロアマット。車内に入り込むをノイズをシャットアウトし、さらに静粛性を高めてくれる機能的なカスタムパーツ。

室内の全フロアをカバーできますよ。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

オリジナル10.1型ナビゲーション

新型デリカD:5は、オーディオレス仕様のためナビは標準装備されていません。

そこでおすすめしたいのが10.1型HDディスプレイ採用のデリカD5専用のナビゲーション。

画面をオーディオ、ナビ、ツール、アプリケーションの4つに画面分割できそれぞれの画面サイズを切り替えることも可能。

様々な情報を一つの画面で確認することができ、知りたい情報にすぐアクセスできる利便性の高いナビゲーションアイテム。

USB端子も備わっており、スマホの充電もできます。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

11.5型後席用モニター(ルーフ取付タイプ)プラズマクラスター付

10.1型ナビに接続すれば前席と後席で異なるAVソースを楽します。ロングドライブのお供に。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/option/

リモコンエンジンスターター(ウェルカム電動スライドドア機能付)

離れた場所遠隔操作でエンジン始動・停止ができるエンジンスターターキット。

あらかじめ電動スライドドアのオープン設定すれば、デリカD5に近づくだけでスライドドアが時移動でオープンしてくれる優れもの。

デリカD5におすすめのマフラー

迫力ボディのデリカD5を更に迫力あるカスタムしたいなら、マフラーカスタムがおすすめ。

車好きをぞくぞくさせるサウンドを実現させるためには欠かせないカスタムパーツですね。

最近のマフラーはサウンドだけでなく燃費や性能にまでこだわっていますので、ぜひチェックしてみてください。

【ガナドール】

引用:https://www.ganador.co.jp/carmodel/mitsubishi/delica_d5_1/index.html

馬力向上&燃費改善を実現する見た目だけでなく機能面にもこだわったマフラー。

力強い発進で高速域での伸びも軽やか。心地よいサウンドも魅力。

車検対応なので、実用性も兼ねている次世代型スポーツマフラーです。

【ELFORD】

引用:http://www.macs-corp.co.jp/shopbrand/010/O/

大口径のテールエンドがリヤデザインにさらなるインパクトをもたらすELFORDのマフラー。

ストレート構造のサイレンサーは、デリカD5に最適な排気効率と上質なサウンドをもたらしてくれます。

デリカD5におすすめのエアロパーツ

新型デリカD5には、まだエアロパーツの販売はありませんが「アーバンギア」というグレードがエアロ仕様になっています。

新型デリカD5にエアロパーツを早く付けたいという方は、アーバンギアの購入を検討してみてはどうでしょうか。

新型デリカD5のアーバンギアはこのようになっています。

【アーバンギア】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/urbangear/

従来のデリカD5ではローデストというグレードがエアロ仕様で販売されていましたが、アーバンギアはローデストと何が違うのか?それはローデストはアクセサリーパーツを装着したタイプなのに対し、アーバンギアははじめから全く新しいパッケージのデリカD5を作ろうと考えて標準車として開発された点です。

アーバンギアはエアロパーツだけでなく、専用デザインの18インチアルミホイール、パール杢の艶感のある黒木目調パネルなどを採用し全体的に高級感のある仕様となっています。

従来型デリカD5のおすすめエアロパーツも紹介したいと思います。

【マッドジェイソン デリカD5】

引用:http://mudjayson.com/?pid=54591750#

マッドジェイソンが手がけるデリカD5のエアロパーツ。

純正グリルとは異なり、角ばったダクトを採用し乱れた空気を整えて流しエンジンルーム内を効率的に冷やしてくれる機能性も兼ね備え他デリカらしいエアロパーツです。ライトに向かってワイルド感が増しているのもポイントです。

従来型デリカをより力強いフロントマスクに変え、オリジナリティあふれる仕様ですね。

【輝オート D:5 MADLYS フロントグリル】

引用:http://www.hikariauto.co.jp/shops/item/detail.php?id=503122B-103

輝オートが手がけるフロントグリル。FRPとアルミ製ブレードをともにマッドブラック塗装し、裏側にメッシュを装着して統一感を出しています。冷却効果を損なわずにドレスアップできる点も魅力。

取り付けはボルトオンOKです。

【JAOS オーバーフェンダー】

引用:https://www.jaos.co.jp/product/B134304A/1856.html

デリカD5用のJAOSオーバーフェンダーです。

幅9mmのコンパクトサイズなので純正ラインを活かしつつもワイド感を演出してくれるので、ちょっとだけアクセントを付けたい方におすすめ。ダミーボルト装着で、さり気ない存在感をアピールしてくれるのも良いですね。

他車にはないポイントになって程よく目立ってくれそうですね。

本体に両面テープで取り付けるタイプなのでボディへの穴あけに抵抗がある方でも安心してカスタムできますよ。

全幅+20mm以内なので、構造変更の手続きは不要です。

まとめ

以上、新型デリカD5のカスタムについてでした。

新型デリカD5はまだ発売前ということで社外品のカスタムパーツはほとんど市場に出回っていません。

これからに期待したいところですね。

純正パーツでも十分カスタムすることはできますので、いち早くカスタムしたい人は純正パーツを今からチェックしておくと良いでしょう。

従来型のデリカD5は併売となっており、こちらはカスタムパーツが豊富です。マフラー、エアロパーツ、アルミホイールなどデリカD5の魅力を引き立たてくれるものばかりですので、従来型デリカD5をカスタムしたい方もぜひチェックしてみてくださいね。

新型デリカD5が本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「新型デリカD5が予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、新型デリカD5を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加