比較

三菱新型デリカD5vsトヨタ エスクァイア徹底比較!どっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで簡単!家で完結♪
今の愛車を忘れずに査定

DMM AUTOはスマホだけで、家にいながら愛車の今の価値がわかります。

最適化されたAIで、市場データを基に査定額を算出します。

それが、今まさにその瞬間のあなたの愛車の相場になるのです。

今ある他のどんな方法よりも、簡単に査定できますよ!

>>まずは早速、愛車の価値を簡単チェック

ビッグマイナーチェンジした新型デリカD5とマイナーチェンジしたエスクァイア、新車で買うならどっちにしようかと迷っている方もいるのではないでしょうか?

今回は三菱の新型デリカD5とトヨタのエスクァイアを徹底的に比較していきたいと思います。

新型デリカD5とエスクァイアのエクステリア比較

まずはエクステリアを比較していきましょう。

【デリカD5新型】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/standard/

全長:4800mm
全幅:1795mm
全高:1875mm
ホイールベース:2850mm
最小回転半径:5.6m
車両重量:1950mm

言わずもがなですが、エクステリアのインパクトは新型デリカD5に軍配が上がると言っていいでしょう。アルファードにも引けを取らないフロントフェイスは、力強さとデリカD5らしからぬ高級感で抜群のインパクトですね。

エクステリアデザインに関しては賛否両論ありますが、インパクトあるデザインが好みの方には間違いなく受けるでしょう。

ボディサイズはエスクァイアよりも100mm以上全長が長い造りとなっていますが、4WD車でも最小回転半径は5.6mに収まってるうえに着座位置が高いので思いの外取り回ししやすいです。

また床面を高くしているので、オンロードよりもオフロードや悪路走破性に優れているのがわかります。この点はエスクァイアには真似できないでしょうね

【エスクァイア】

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

全長:4695mm
全幅:1695mm
全高:1825mm
ホイールベース:2850mm
最小回転半径:5.5m
車両重量:1620mm

インパクト勝負では残念ながら新型デリカD5には勝てませんが、エスクァイアは威風堂々としたフロントマスクが特徴的。アルファードのように大型のメッキパーツを使用し高級ミニバンを思わせるデザインは、新型デリカD5とは違った魅力がありますね。

大胆なフロントグリルもありボディサイズが大きく見えますが、意外にも5ナンバーサイズに収まるサイズ感。エンジンフードがわずかに盛り上がっているので、全体が見渡すことができる上に運転席からノーズ位置を把握しやすい利点があります。

新型デリカD5とエスクァイアのインテリア比較

つづいてインテリアの比較です。

【デリカD5新型】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

新型デリカD5は見晴らしが良いのが特徴。スクエアフォルムで、取り回ししやすいのもポイントが高いです。

乗車姿勢は高めなので、今までセダンなどに乗っていた人が乗り換えると違和感を覚えるかもしれませんので、その点はある程度の慣れが必要になります。

2列目座席の座面は床からの距離がやや短め。しかし、前席のシート下に足元が入るので前よりにスライドさせても、窮屈な姿勢になることはありません。箱型フォルムを活かし、3列目もMクラスミニバンでは充分な広さを確保。シートサイズも大きめなので大人でも不満なく座れるでしょう。

新型デリカD5は最低地上高が200mmを超えるため、乗降性はイマイチ。特に3列目は頭上空間も窮屈なので乗り降りしづらいです。

【エスクァイア】

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

エスクァイアのシートは縦基調のキルティングと合成皮革を採用し、ラグジュアリーなシート表皮となっています。肌触りがよく、身体を優しく包み込んでくれる感じは他のMクラスミニバンでは味わえないエスクァイアだけの特徴です。

2列めと3列目で最大5人乗車できますが、室内高は1,400mmもあるため窮屈感はありません。2列目はキャプテンシートとなっており、スライド調整も可能で適切な位置に合わせれば、フットスペースは十分確保でき不満のないポジションで座ることができます。

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

エスクァイアは低床プラットフォームを採用し、前後ともにステップ高を低くしています。しかも、前方に行くほど低く傾けてあるので、3列目でもステップ高は低いので乗降しやすいです。

しかも2列目シートは動かさなくても3列目の乗降ができる点もポイントが高いですね。

新型デリカD5とエスクァイアの安全性比較

安全性についても比較してみましょう。

【デリカD5新型】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/safety/

新型デリカD5は予防安全装備「e-Assist」を新規採用しています。主な安全装備は以下の4つ。

・衝突被害軽減ブレーキシステム
・車線逸脱警報
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム

衝突被害軽減ブレーキは自動ブレーキのことです。新型デリカD5の自動ブレーキは、レーザーレーダーとカメラ、ミリ波レーダーを用いて先行車や歩行者との衝突を回避・軽減する機能です。自動ブレーキが作動するのは自車速度約5~80km/L(対車両)5~65km/L(対歩行者)となっています。

【エスクァイア】

エスクァイアに搭載される安全装備の代表的なものは「トヨタセーフティセンス」です。

自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)、車線逸脱警報などをパッケージしたものです。

エスクァイアの自動ブレーキはレーザーレーダーと単眼カメラ方式で衝突の回避と衝突時の被害軽減をサポートします。警報は自車速度約15km/L~140km/L、ブレーキアシストは自車速度約30km/L~80km/L、自動ブレーキは自車速度約10km/~80km/Lで作動します。

車線逸脱警報はドライバーがウィンカー操作せずに車線を逸脱する可能性がある場合に、ブザーとディスプレイ表示による警報で知らせます。アシスト操作は行いません。

引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

エスクァイアは以下の安全機能を標準装備しています。

・トヨタセーフティセンス(プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビーム)
・先行車発進告知機能
・S-VSC
・車両接近通報装置
・SRSエアバッグ(運転席+助手席)+SRSニーエアバッグ
・Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDフロントフォグランプ
・LEDコーナリングランプ
・自動防眩インナーミラー

新型デリカD5では、旧型デリカD5にはなかった先進安全装備を標準で搭載となりました。しかし、性能と装備の充実度はエスクァイアの方が上と言えます。

新型デリカD5とエスクァイアの燃費比較

【デリカD5新型】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/performance/

JC08モード:13.6km/L

新型デリカD5は旧型が6速ATだったのに対し8速ATに変更されたことで、燃費は0.6km/Lほどアップしています。

最大トルクもアップしており、より使いやすくなっています。ただ、車両重量が重い分、燃費性能に響いているのは否めません。

エスクァイアや他のライバル車に対して燃費性能は劣っていると言えるでしょう。

【エスクァイア】

引用:https://toyota.jp/esquire/performance/?padid=ag341_from_esquire_navi_performance

JC08モード:23.8km/L

エスクァイアのハイブリッドモデルの燃費はカタログ掲載上は23.8km/Lと、さすがハイブリッド車と言わんばかりの性能の良さを発揮しています。

カタログ燃費なので実際の燃費はもう少し下がりますが、それでも8割程度はいくでしょうから、Mクラスミニバンでは燃費性能は高いと言えるでしょう。

燃費対決は、トヨタエスクァイアに軍配が上がりますね。新型デリカD5はディーゼルエンジン搭載で、旧型よりも燃費は良くなっていますが、それでもエスクァイアのハイブリッドモデルには敵いません。

新型デリカD5とエスクァイアの比較まとめ

以上、新型デリカD5とエスクァイアの比較についてでした。

インパクトのあるデザインが好き、オフロードの走破性を重視したい、車をアクティブに使いたいという方は新型デリカD5をおすすめします。

一方で、インパクトよりも品のあるデザインが好き、ミニバンとしての使い勝手を重視したい、安心して運転できる車が良い、燃費の良い車に乗りたいという方はエスクァイアがおすすめです。

 

新型デリカD5が本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「新型デリカD5が予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、新型デリカD5を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

スマホで完結♪DMM AUTOで買取査定!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで今の愛車を査定すればよっぽど高く買い取ってくれるという事が、最速3分でわかるのです。

わざわざ指定された店に査定をしてもらいに行ったりする手間も無く、写真を撮って車の情報を入力するだけで、愛車の今この瞬間の価値がわかります。

どこよりも簡単な方法で、愛車の相場をまずは調べてみましょう!

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加