Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keitrend/kkdelicad5.work/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
新型

デリカD5新型のスペック紹介!加速性能や乗り心地についても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


デリカD5新型のスペックが気になりますね。

ここでは、新型デリカD5のスペックや加速性能、乗り心地について解説していきたいと思います。

新型デリカD5のスペック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

まずは新型デリカD5のスペックについて見ていきましょう。

【ボディスペック】
全長:4800mm
全幅:1795mm
全高:1875mm
ホイールベース:2850mm
最小回転半径:5.6m
車両重量:1950kg

ボディサイズは従来型のデリカD5よりも全長と全高が大きくなっています。とは言え、5~10mm程度のサイズアップなので従来型デリカD5からの乗り換えでも車両感覚はほぼ変わらないので違和感なく運転できるでしょう

ホイールベースと最小回転半径も従来型デリカD5と同サイズなので、取り回しの感覚も同じと思っていただいて良いでしょう。

ただ、新型デリカD5では電動パワーステアリングを搭載しているので、低速時の操舵感は旧型デリカD5よりも良くなっています。以前よりも操作しやすくなっていると思っていいでしょう。

車両重量は旧型デリカD5よりも+50kgとなっていますが、クリーンディーゼルエンジンによりパワフルな走りができ重さを感じることはありません。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

つづいてインテリアスペックについて見ていきましょう。

【インテリアスペック】
室内長:2915mm
室内幅:1505mm
室内高:1310

室内サイズは旧型デリカD5からの変更はほぼなし。ライバル車に比べると室内サイズはやや狭くなっていますが、それでも必要充分な広さと快適さを確保できています。

インテリアの基本レイアウトは旧型デリカD5の流れを汲んでいますが、個々のパネルシフトやスイッチ類などは専用設計となっています。素材感を巧みに演出し、上質感が大幅に向上している点にも注目したいですね。

また、荷室拡大時にはサードシートを左右に跳ね上げる方式となっておりこの点は従来型と変更はありません。ただし、座面が厚い分後方視界が悪くなるのは気になる点ではありますね。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/interior/

エンジンスペックについても見てみましょう。

【エンジンスペック】

エンジン種類:直列4気筒2.2Lディーゼルターボ
最高出力:145ps/3500rpm
最大トルク:38.7kgm/2000rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4WD「AWC」
燃費:JC08モード:13.6km/L

三菱新型デリカD:5は最新の2.2Lディーゼルエンジンを搭載。

2.2Lディーゼルは、最新モデルであるエクリプスクロスで採用している最新パワートレインです。最大トルクは旧型モデルから2kgmアップしています。

新型デリカD5の搭載するエンジンは型式が同じですが、中身はほぼ新設計となっています。

新型エンジンでは2020年から施工される新しいディーゼルエンジンの排ガス規制に対応しており、尿素SCRシステムを採用しています。

尿素SCRシステムとは、無色無臭の尿素水溶液を使用し、ディーゼルエンジンが排出する窒素酸化物を浄化するシステム。

荷室のフロア下に設けており、約15000kmに1本、ガソリンスタンドなどで買える尿素水溶液を補給します。補給時期はインパネに表示されるので忘れることもありません。

デリカD5のエンジンは静粛性の高さも売りでしたが、新型デリカD5になってからさらにパワーアップしています。加えて、フロアやルーフの内張りに防音対策を施しているので、これまで以上に室内は静かで快適に過ごすことができます。

トランスミッションは、6速ATから8速へと多段化しています。これによりスムーズで静かな走りを実現。オンロードからオフロードまで幅広い走行状況に対応しています。またシフトポジションにはMレンジを新規追加し、パドルシフトを追加したスポーツ走行も楽しむことができます。

駆動方式は、ディーゼル車用の電子制御4WDシステムである「AWC」を設定。2WD、4WDオート、4WDロックからモードを選ぶことができタイヤの空転が発生しやすい状況でも安定した走行を可能としています。

新型デリカD5の乗り心地

新型デリカD5は、従来型から悪路走破性を引き継いでいますが、気になるのがその際の乗り心地ですね。

デザインを大幅に変更し魅力的となりましたが、やはりSUVとしての走りも気になります。

新型デリカD5はディーゼルエンジン4WDシステムミッションサスペンションを大幅に改良。2.2Lディーゼルターボは、新型から尿素SCRシステムを採用しており、アイドリング時の音が以前とは比べ物にならないくらい静かになっています。

旧型デリカD5で気になっていたガラガラ音も抑えられており、振動も気にならなくなっています。オンロードはもちろんですが、オフロードでの乗り心地は旧型デリカD5から大幅に向上しています。

サスペン所の改良が功を奏していると言えるでしょう。特にダンパーを大型サイズに変更したことでリヤサスの動きは格段に良くなり、どの座席でも快適な乗り心地を味わえるでしょう。

新型デリカD5の加速性能

新型デリカD5は、クリーンディーゼルエンジンを搭載。ディーゼルエンジンといえば低燃費が売りですが、新型デリカD5ではそれだけでなく力強い加速力を実現することに成功しています

デリカD5といえばオフロードの走破性が高いことでお馴染みですが、新型デリカD5ではオンロードでの走りも魅力的。新開発した8速ATはディーゼルターボとのマッチングが良く、発進からスムーズに加速できます。

Mレンジパドルシフトのスポーツモードを使えば、高速走行時の追い抜きも実にスムーズ。

同じ低燃費であるハイブリッドでは、高速走行や長距離運転で実力を発揮できませんが、ディーゼルエンジンならどんな場面でも低燃費を維持しながら抜群の走行能力を発揮できます。

パフォーマンスが落ちることがないのも新型デリカD5のディーゼルエンジンの魅力ですね。

通常のガソリン車よりも燃料代のコストを浮かせられるのでトータル的にもお得な車になっています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/performance/

加速力だけでなく走行性能にも魅力を感じるのが新型デリカD5です。新型デリカD5が他のミニバンと違う点は、より力強い走りができることにあります。

たとえば、雪道や山道などの道のりや荒れている道は通常のミニバンでは進むのが困難な場所ですがそういった険しい道のりでも、新型デリカD5なら問題なく、しかも軽やかに進むことが可能です。

これはメディアでも証明されていることですが、新型デリカD5なら傾斜45度までなら登板能力があります。そのため、スキーやスノボなどのウィンタースポーツやキャンプなどアウトドアに行くときに利用したいという方が最近増えています。

実用性に着目した走りはいかにもデリカD5らしいと言えますね。

新型デリカD5は、ワインディングでの走りも向上しています。バランスと回頭性が旧型モデルとは比較にならないほどパワーアップしており、2WDモードではコーナーを軽快にクリアすることができます。

4WDモードなら、前80・後20の割合で駆動力を分配し高速道路で安定性が向上します。

新型デリカD5スペックまとめ

以上、新型デリカD5のスペックについてでした。

新型デリカD5はエクステリアデザインについつい目が行ってしまいますが、スペックや走行性能も大きく変わっていますよ。

加速性能や燃費は旧型デリカD5から向上しており、その違いははっきりと分かるレベルです。

スペック部分は実際に運転してみないとわからない部分ですので、ぜひ一度新型デリカD5に試乗してみてください。

新型デリカD5が本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「新型デリカD5が予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、新型デリカD5を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加